カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

フォトコン2022年2月号

特集1 「あっ! 」「えっ!?」「お~」が写る! 現場の感動を写真にする方法
被写体と出合ったとき、「あっ! 」「えっ」「お~」といった言葉が出てくるものです。その気持ちが作品づくりの動機となり、それを伝えることで見る人が感じる写真になるのです。本誌の月例作家が、作品づくりの上で、どのように感動を写真に込めているのか「狙い」「工夫」「技術」という観点で解説してもらいました。

特集2 写真家が「撮る」「伝える」表現術 今月のテーマ「緊張感」
1月号は開放感がテーマでしたが今月は一転して「緊張感」を6人の写真家が表現します。写真に緊張感が写るのかそれとも被写体との間合いに緊張感が走るのか。どうテーマを解釈し、写真に表現するのか そこを文章と一緒に読み解いてみてください。作家の思いと読んだあなたの思いが一致しなくてもいいのです。写真から何を感じたのか、それが重要なのです。

特集3 モード活用と狙い方でイメージ通りの色に カラー「爆上げ」テクニック
写真愛好家にとって現在の大きな課題である「色の出し方」について、カメラ設定や光の当たり方など簡単かつ基本的なテクニックで思い通りの色が得られる方法を解説。解説はニコンカレッジやオリンパスカレッジなどの写真教室で指導を行うクキモトノリコ氏。愛好家のリアルな悩みや課題を前提とした皆が共感できる具体例を挙げながら解説する。

特集4 コンテストに入選しなくていい 夢中になれる写真の撮り方入門
多くの人が個性を出すことに悩んでいます。でも、みんなと同じように撮っていたらなかなか個性は出せません。そこで、創作写真です。カメラ内で、しかも現場で完成させるので、夢中になって同じ場所で何時間も撮ってしまう写真の撮り方です。コンテストでは邪道とはねられるかもしれません。入賞の喜びは味わえなくても、撮れた喜びは確実に味わえます。

フォトコン2022年2月号

価格:

1,320円 (税込)

購入数:

在庫

在庫あり

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

月刊フォトコン
■2022年2月号(2022/1/20発売)
■B5判/248ページ

ページトップへ